チャットレディで危ない目に遭う?危険を回避するための方法とは?

いま日本の社会人(20代~40代)は、5人に1人が「副業」をする時代。

そんな中インターネットを使って簡単に、しかも高額な収入を期待出来るお仕事があるんですね。

それが「チャットレディ」なんですよ^^

でも「チャットレディの仕事は危ない!」なんて口コミも少なくありません。

そこでこの記事では、本当にチャットレディで危ない目に遭うのかどうかをご説明していきたいと思います。

 

チャットレディとは

チャットレディはパソコンやスマートフォンを使って男性とライブチャットするお仕事。

男性と楽しくコミュニケーションを取るだけで高額な収入が期待出来るんですね。

なので一見すると「危ない仕事」と感じますが、女性と会話したい男性に楽しい時間を提供して報酬を得ている訳ですからキチンとしたビジネスなんですよ!

 

しかも頑張ったら頑張った分だけ収入のある完全出来高制。

芸能人の歩合制と一緒なんですね^^

しかも好きな時間帯に働く事も出来ます。

 

更にキャバクラと同程度の収入を得る事が出来ながら、男性と直に接する必要が無いのが大きなメリットなんですよ。

また

  • チャットブースに通勤
  • 自宅のパソコンでチャット

といったように通勤と在宅を選べれるのも魅力の一つですね^^

 

チャットレディで危ない目に遭う?

色々と好条件なチャットレディなんですが、実は危ない目に遭う可能性はゼロでは無いんですね・・・^^;

そう聞くと「そんなに危険なら働くのは止めようかな」って思ってしまうでしょう。

ですがどれもちょっと気を付ける事で回避出来る危険なんですね。

 

ではまずどのような危ない目に遭うのかというと

  1. 住所がバレる
  2. ストーカー被害に遭う

といった危ない目に遭う場合が考えられるんですね。

 

ではいったいどうやったらこれらを回避出来るのでしょうか・・・?

それは「個人情報を映さない!」事が大切なんですね。

 

個人情報を映さない!在宅の場合

在宅でチャットレディのお仕事をする場合は「自分の家・または自分の部屋」で男性会員とライブチャットをします。

なので自宅の住所や個人情報が分かるものは映らないようにしましょう

また、自宅の外が分からないようカーテンなど隠すのもいいですね。

 

更に言えば

  • 自宅の間取り
  • ゴミ収集の曜日

などなど、細かなところから住所がバレたりもするので注意しましょう!

 

個人情報を移さない!通勤の場合

通勤の場合は自宅では無いので画面に個人情報が移る事はまずないでしょう。

ですが気を許した相手には、ついポロッと個人情報を口走ってしまう可能性もあります・・・。

でも「仲良くなったから大丈夫なんじゃ・・・」なんて甘い考えだと危ない目に遭う危険性が高まります。

なので絶対に個人情報を見せたり話してはいけません!

在宅・通勤どちらも「個人情報を映さない・話さない」を徹底していれば、住所がばれたりストーカー被害といった危ない目に遭う事は無いでしょう。

 

家族にバレる・友人知人に身バレする

チャットレディのお仕事は男性会員とライブチャットでおしゃべりするお仕事です。

なので男性会員の中に知り合いがいる可能性も全く無い訳ではありません。

実はチャットレディを使用する男性はおよそ60万人とも言われています。

 

なので知り合いとばったり鉢合わせなんて「天文学的確率」となります。

ですが先ほども言いましたが「確率はゼロ」ではありません^^;

もしそういった事が心配な方は

  1. 化粧を変える
  2. 眼鏡、またはコンタクトレンズを使用する
  3. かつらやウィッグを使用する
  4. マスクをする
  5. 普段着ないような衣装に着替える

といったように身バレを防ぐ方法はいくらでもあります。

でもどうしても「危ないのでイヤ!」なんて方は顔出しNGも選択出来ますから安心出来ますよ^^

また、在宅でチャットレディのお仕事をしてると「家族にバレる^^;」なんて心配もありますよね・・・。

そんな場合は通勤型にシフトするのが手っ取り早いでしょう。

でも「通勤」は出来ない!なんて方もいらっしゃるかもしれません。

そんな時は

  • メールレディ
  • 画像投稿
  • 動画投稿

といった内容のお仕事もあるので、検討してみてはいかがでしょうか?

関連記事

チャットレディ 体験談